2017年02月

雨漏り修理 瓦修理 岡山県赤磐市

先日雨漏り調査をして、雨漏り修理の提案をさせていただきました、岡山県赤磐市のお客様から工事の依頼がありましたので工事内容をお伝えいたします。

現場の屋根は、切妻の平屋で、母屋と離れが引っ付いた形になっていました。屋根材は釉薬瓦の和型で葺かれていまし。母屋はいぶし瓦を使用していました。

工事前 袖部コーキング施工

雨漏り修理 瓦修理 岡山

水の流れる所をコーキングで留めているので雨水が入りやすい状態になっていました。

雨漏りの調査に行くと、たまにこのような留め方をしているのを見ますが、ほとんど雨漏りしています。

雨漏り修理をしても雨が止まらない場合、このようなことがありますので、確認が必要です。

 

工事後 コーキング撤去

雨漏り修理 瓦修理 岡山

雨水が入りやすい状態だったので、瓦を留めているコーキングを撤去をしました。

これで雨漏りの心配がなくなりました。

 

工事前 破風板欠落

雨漏り修理 瓦修理 岡山

破風板が雨漏りの影響で取れています。

工事後 破風板補修

雨漏り修理 瓦修理 岡山

大工さんにより破風板を補修してもらいました。

 

 

工事前 コーキング劣化

雨漏り修理 瓦修理 岡山

コーキングが劣化で雨漏りしています。

工事後 谷入れ替え

雨漏り修理 瓦修理 岡山

新し板金に取り換え雨漏りを止めました

 

工事前 谷板金継ぎと雨漏り

雨漏り修理 瓦修理 岡山

谷板金を途中で継いでいたので、雨漏りがしていました

谷周りの瓦も雑な納めをしています。

工事後 谷入れ替え

雨漏り修理 瓦修理 岡山

雨漏りの原因である継ぎとを無くすため、新しいガルバニューム板金に取り換えました。

谷廻りのも瓦新しく切り直しました。

 

工事前

雨漏り修理 瓦修理 岡山

谷板金の仕舞が悪く雨漏りしている状態でした。

工事後

雨漏り修理 谷板金取り換え 岡山

谷板金の仕舞を変えて水の流れをよくし、雨漏りがとまりました。

 

 

工事前

雨漏り修理 下地板 岡山

雨漏りが激しく野地板が白くなっていました。

工事後

雨漏り修理 野地板取り換え 岡山

大工さんに野地板を新しくしました。垂木も傷んでいたので取り換えしました。

 

工事前

雨漏り修理 瓦修理 岡山

コーキングが劣化して瓦がズレています。

釘で留めるか、銅線で留めなければいけない瓦ですが、なぜかコーキングで留めているだけでした。

工事後

雨漏り修理 瓦修理 岡山

瓦がめくれない状態だったのでコーキングを打ち直しました。

 

工事前

雨漏り修理 瓦修理 岡山

このようにコーキングは劣化して切れてしまいます。

工事後

雨漏り修理 瓦修理 岡山

前は1カ所しか留めてなく切れやすい状態だったので、今回は2か所留めることにしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

屋根・瓦修理 瓦工事の報告 岡山市北区 

本日は先月工事が終わった瓦修理のお伝えをいたします。

瓦修理 雨漏り修理 岡山

平屋の切妻の築40年前後の釉薬瓦の青緑の瓦でした。。

雨漏りはしてないけど、手入れをしてないので心配だという事で、点検の依頼いただき調査をし、修理の提案をさせてただき工事の依頼をいただきました。

瓦修理 雨漏り修理 岡山

屋根には太陽熱温水器アンテナ2つが、乗っている状態でした。

このように屋根にアンテナ、ソーラーシステム、クーラーの室外機など、よく見かけますが心配の方は早めの点検をおすすめいたします。

 

工事前

CIMG0413

割れ瓦もあり唐草の瓦にもひびが入り、雨が入りやすい状態でした。

この瓦の割れ方は素人の方が屋根に上がるとよくある割れ方です。

アンテナとか太陽熱温水器を上げたり、取り換えされた後は気を付けられるとよろしいかと思います。

唐草の瓦のひびは、施工時にくぎ打ちするとき瓦を叩いてしまったのか、昔は鉄の釘を使っていたので錆びて釘が膨張して割れてしまったみたいです。

工事後

IMG_1752

予備瓦がありましたので割れ瓦を差し替えしました。

ひびの入った唐草の瓦は予備がなかったので、瓦置き場に置いてある古い瓦を使いました。

40年前の淡路瓦は製造中止になっている瓦が多いので、瓦撤去の時製造中止、今作ってない瓦は在庫するようにしています。

予備瓦がなくてお困りの方はお問い合わせください。セメント瓦、釉薬瓦、いぶし瓦、大体そろっています。

 

工事前

CIMG0371

一番下の万十と呼ばれる唐草の瓦が右にずれています。

軒の瓦とか袖部の瓦は動きやすいので注意が必要です。

めくってみると瓦を止めている線が切れていたり、釘がさびてボロボロになっていることもあります。

工事後

IMG_1748

瓦をもとに戻してずれないように、コーキングで留めています。

コーキングは劣化すると留めている瓦が、またずれる可能性があるので、定期的な点検が必要となってきます。

 

工事前

CIMG0392

棟の丸瓦も左にズレて雨が降るたびに棟の中に水が入っている状態だったので、修理が必要です。

工事後

IMG_1755

棟の丸瓦を施工時と同じ状態に修理しました。

しかしこの状態ですと丸を止めている銅線が緩んでいますので、強い風が吹いたり、弱い地震でも動く可能性がありますので、コーキング材で動かないように留めて行きます。

 

工事前

CIMG0391

のし瓦もずれています。このくらいのズレならまで修理が出来ますが、傷みがひどい場合は積み直し、棟を解体し組み立てになります。

棟の瓦が悪い場合は棟瓦のみの瓦修理、瓦葺き替え工事になります。

工事後

IMG_1756

このくらいのズレでしたら、瓦調整で直ります。しかし丸瓦と同じく動きやすいのでコーキングで瓦を留めていきます。

丸瓦と丸瓦を留め、丸瓦とのし瓦を留め、のし瓦とのし瓦を留めていきます。

 

工事前

CIMG0395

鬼瓦と丸瓦の間から、水が入らないようにセメントで留めているところが、半分取れています。

このままでは大事な建物が傷む可能性があります。

棟瓦のの下には、棟木という大切な材木があります。

下葺き材のルーフィングがしっかりしているといいのですが、40年前後立ちますと大体破れています。

そうすると雨が降るたびに大切な棟木が濡れて腐ってしまいます。

早めの手入れが大切です。

工事後

IMG_0483-e1487810900314-1024x870

鬼瓦と丸瓦をコーキング材で留めた後漆喰を塗ります。

よくセメントを塗っているのを見かけますが、セメントはブロックと同じですから、水を吸います。

ですから屋根には漆喰をお勧めします。

漆喰に油を混ぜると水をはじくので防水効果が上がります。

これでこの屋根は雨水が入らなくなり大切なお家を守っていくことと思います。

 

工事前

CIMG0374

割れ瓦をセメントで補修してあります。

おそらく左官さん修理されたのではないかと思われます。

この状態ですと確実に雨水が入っています。

下葺き材の黒い紙の防水紙ルーフィングがしっかりしている間はいいのですが、下葺き材が経年劣化で破けたりしますと雨漏りします。

また、瓦を留めるために打っている釘はルーフィングに穴をあけているわけですから、そこからも雨漏りする可能性があります。

そして、瓦を引っ掛ける桟木を留めるためにくぎを打ちますのでルーフィングに穴をあけますし、ルーフィングを留めるためにホッチキスの大きいやつで留めますのでその針の穴から雨が漏ることがあります。

工事後

IMG_0478

ですから割れた瓦は早めに差し替えをお勧めします。

よく割れた瓦をコーキングで留めているのを見ますがその瓦、雨が入っていますので早めの取り換えをおすすめいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

 

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

 

 

スレート屋根の雨漏り調査の依頼 岡山県赤磐市

本日は先月瓦工事が終わったお客様から裏の建物の雨漏りを調べてほしいと、依頼があり点検した様子をお伝えします。

 

雨漏り修理 岡山

2階建ての切妻の建物でした。2階が瓦で1階がスレート屋根でした。2階は雨どいも修理が必要な状態でした。

雨漏り修理 岡山

スレートはかなり傷みが進んでました。この時期のスレートはアスベストの問題もありますし取り扱いには注意が必要です。

 

雨漏り点検 雨漏り調査 岡山

コケがものすごく生えていました。

雨漏り点検 雨漏り調査 岡山

谷がありましたが水が溜まっている状態でした。

 

雨漏り点検 雨漏り調査 岡山

壁際の仕舞が悪く雨漏りがひどいことになっています

雨漏り点検 雨漏り調査 岡山

裏にある波トタンも錆が出て取り換えないとダメな状態でした。

お客様に、スレート波トタンは撤去し、下地を補強してルーフィングを張って板金の屋根に換える説明をしました。2階の雨どいと大谷も取り換えの時期に来ていましたので交換の説明をさせていただきました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

セメント瓦雨漏り点検 岡山市南区

本日は以前岡山市南区で、雨漏りの調査の依頼があった、セメント瓦の平屋で切妻の 建物の調査状況をお伝えします。まずはじめに、家の中の雨漏り状況を見せてもらい、そして屋根に登り雨漏りの原因を調査しまた。

 

IMG_5762

屋根はセメント瓦で少し大きめの平型の瓦でした

IMG_5781

屋根に登ってみると瓦が瓦の割れをコーキングしていました。

 

IMG_6189

瓦をめくると 下葺き材のルーフィングも破れてボロボロの状態でした。

IMG_6184

コーキングも劣化していました。一番の問題点は瓦の重なり部分は割れがそのままですから、雨が降るたびに水が入っている状態でした。

IMG_6185

割れ瓦の下の方のルーフィングは、もっと破れていました。

IMG_6186

下葺き材の下にある野地板も腐りかけている状態で、このままの状態にしておくとシロアリが来る可能性があるので、早く手入れをしないといけない状態です。

 

IMG_5751

天井もシミがついてる状態です。照明器具も漏電の心配があるので、外されていました。

IMG_6188

もう一枚の割れの瓦もめっくてみましたら、こちらもルーフィングに大穴が開いてる状態です。

 

 

IMG_6201

棟瓦も右にズレて崩れそうでした

DSCF9068

鬼瓦も傾き大きく口を開けている状態でした。

 

IMG_6214

苔もたくさん付いている状態でした。

IMG_6817

雨どいも破損している状態でした。

点検後、施主様とも相談し、修理の提案をさせていただくことになりました。雨漏りの応急処置としてコーキングもありと思いますが、そのままにしておくと、大変なことになることが、お分りいただけたと思います。大切な我が家ですからたまには屋根を眺められて、気になるところがあれば、なんでもお気軽にご相談していただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

雨漏り点検 岡山県赤磐市 

本日は雨漏りが3か所するという事で、点検の依頼があった赤磐市の雨漏り調査の様子をお伝えいたします。

現場の屋根は、切妻の平屋で、母屋と離れが引っ付いた形になっていました。

屋根材は釉薬瓦の和型で葺かれていました

それでは雨漏りの原因を探っていきます。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

こちらが現場の屋根の様子です。

水の流れるところをコーキングで止めています。

この止めかたは雨がよく漏る留め方です。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

雨漏りのせいで破風板が腐って無くなっています。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷板金はステンレスの谷が入っていましたがコーキングが切れて、雨が漏っている状態でした。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷の長さは2.5ⅿでしたが、途中でつないでいたので、継ぎとから雨が漏っていました。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 下地点検 岡山

雨が漏り、野地板が白くなり腐りかけています。

雨漏り調査 雨漏り点検 大谷点検 岡山

谷板金の仕舞が悪いみたいです。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷の近くの瓦が、激しくずれていました。釘止めしていないみたいです。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

瓦を止めているコーキングが、切れていました

 

今雨が漏っているところを、止めて欲しいとという事なので、修理の見積もりをすることになりました

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません