コンテンツ

カバー工法での屋根リフォーム

カバー工法とは

屋根のリフォームには「葺き替え工事」と「カバー工法」があります。

カバー工法は「重ね葺き」とも言われ、一言で言うと、既存の屋根の上に重ねて新しい屋根を取り付ける工法です。既存の屋根材の上に防水シート(ルーフィング)を敷き、その上から新しい屋根材を取り付ける工法です。


既存の屋根材を解体せず、その上に新しい屋根材で覆う(カバー)するためにカバー工法と呼ばれますが、カバー工法の場合は解体が無いので日数も短く、廃材の処理も必要がないため、費用が安く屋根リフォームが行えます。

ですが、もちろんカバー工法も万能ではありません。

カバー工法を行うには、既存の屋根の状態がある程度良好なことや、屋根材が二重になるため屋根が重くなり建物に対する負荷が増します。 また、瓦屋根にもカバー工法は施工出来ません。

こんな方におすすめ

カバー工法(重ね葺き)はカラーベスト(コロニアル)の屋根リフォームに適した工法です。

軽量で初期費用が安いカラーベストは新築一戸建てでよく使われていますが、築30年以上でアスベスト入りのスレート系屋根材でこの先家をどうするか未定の場合、20年か30年ぐらいもってくれればいいという場合には最適な工法です。

カバー工法のメリット

カバー工法の主なメリットでは以下のようなことが挙げられます

  • 廃材が発生しないので解体工事費と廃材処理費の両方が節約できる
  • アスベストが含まれた屋根の撤去費用等は高額なのでカバー工法で費用を抑えることができる
  • 工期が短い
  • 屋根を解体しないので生活に支障が出にくい
  • 屋根が2重構造になることで雨音を軽減・断熱性の向上
  • 2重構造になることで耐久性が増す

メリット1 費用面でお得!

葺き替え工事では既存の屋根材を全て剥がして、イチから屋根工事をするのに対して、カバー工法では既存の屋根はそのままで、既存の屋根の上に新しい屋根材を葺きつけていきます。そのため、撤去にかかる人件費や不要になった既存の屋根材の廃材処分にかかる費用などコストが安くすみます。

また、既存の屋根材にアスベストを含む建材があった場合は、アスベストを処理する資格がある業者に依頼する必要があるので、処分ににかかる費用がより割高になります。

メリット2 スムーズに工事が行える

葺き替え工事を行う場合は屋根材を一度剥がしてしまいます。そのため工事の間、別の場所で生活をしていただいたり、雨漏りが起こってしまうことがあります。また、当然ホコリや騒音などもありませんので、普段通りの生活をしていただくことが出来ます。

メリット3 屋根が二重構造になり断熱性や遮音性が高まる

カバー工法では既存の屋根の上に新しい屋根材を葺きつけるので、屋根が二重構造になり厚みが増します。そのため、断熱性や遮音性も高くなります。

カバー工法のデメリット

一方、デメリットでは以下のようなことが挙げられます

  • 使用できる屋根材が限られてしまう
  • 屋根が重くなってしまい、耐震性が下がる
  • 屋根の劣化状況によってはできない事がある
  • 一度カバー工法を行った屋根のリフォームは、葺き替え工事になります

デメリット1 屋根材で使える素材が限られてしまう

建物が耐えられる重さというのは、建物を建てたときに決まっています。そのため、二重に屋根を葺きつけるカバー工法で使う屋根材は、建物が耐えられる重さに収まる屋根材である必要があります。そのためカバー工法で比較的よく使われるのは、軽量である金属製の屋根材が使われたりと、素材が限られてしまうことがあります

デメリット2 重さが出る

屋根が二重にとりつけられることによって、重量が大きくなります。元々屋根が重くなることを想定せずに建物の基礎を建てていると思いますので、自身の時など屋根が落ちてきやすくなり、危険になるケースもあります。

デメリット3 屋根内部の補修はできない

カバー工法の場合、屋根の下にある建材などの補修は行えません。下地の補修が必要など、屋根全体が劣化してしまっている場合は、葺き替え工事での屋根リフォームをおすすめします。

デメリット4 カバー工法は一度きり

カバー工法をしている状態では、追加でカバー工法での屋根リフォームは行えませんので、次にリフォームを行うときは葺き替え工事になります。また、その際には二重の屋根材の解体が必要になりますので、当然解体費用や廃材処分費用も割高にはなってしまいます。

コスト的にはメリットの大きいカバー工法ですが、屋根の状況や建物の状況、20年後30年後の生活スタイルによってはデメリットとなってしまうケースもあります。

佐藤瓦では、豊富な実績をもつ屋根診断士がお客さまの生活スタイルにあったご提案をさせていただきます。