スタッフブログ

岡山県玉野市屋根工事。天井にシミ、雨漏り。台風で瓦めくれ雨漏り発生。

今回は、屋根工事の雨漏り修理の現調をお伝えします。台風の影響で瓦がめくれ天井にシミがつき、雨が降るたびに雨が漏るとのことでした。火災保険で修理する可能性が大きいです。

建物は築40年前後で10年前に、いぶし瓦に葺き替えされていました。

 

岡山県玉野市 雨漏り修理 天井にシミ

台風5号の影響で雨漏り発生。

雨が降るたびに雨漏りしていたそうです。

天井にシミが出来ています。

岡山県玉野市 雨漏り修理 瓦めくれ

はしごをかけて、安全に十分気を付けて瓦の点検です。

谷の廻りの瓦が強風でめくれていました。

 

岡山県玉野市 雨漏り修理 瓦修理

このままでは、雨が降るたびに雨が漏りますので、瓦の修理をすぐ行います。

岡山県玉野市 雨漏り修理 瓦修理

瓦は釘を打っていないので、めくれたみたいです。

 

 

 

岡山県玉野市 雨漏り修理 瓦修理完成

これで雨漏りの心配はないです。

岡山県玉野市 雨漏り修理 瓦点検

ほかの所も点検依頼がありましたので、調べていくとほかにも瓦のズレがありました。

 

 

岡山県玉野市 雨漏り点検 雨漏り修理

ほかの谷も調べてみましたら、瓦のズレがありました。

瓦を留めている銅線が切れているみたいです。

岡山県玉野市 雨漏り点検 雨漏り修理

こちらの谷にもずれている瓦がありました。

今回は台風の風災ですから、火災保険で修理する事が出来ます。台風の影響で雨漏りした場合、火災保険の風災の特約が付いていれば、保険が出ます。

何かわからないことがあれば、ご相談ください。0120-10-4949まで。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

相談は無料です・点検も無料です。

見積りも、もちろん無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

雨漏り点検 岡山県赤磐市 

本日は雨漏りが3か所するという事で、点検の依頼があった赤磐市の雨漏り調査の様子をお伝えいたします。

現場の屋根は、切妻の平屋で、母屋と離れが引っ付いた形になっていました。

屋根材は釉薬瓦の和型で葺かれていました

それでは雨漏りの原因を探っていきます。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

こちらが現場の屋根の様子です。

水の流れるところをコーキングで止めています。

この止めかたは雨がよく漏る留め方です。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

雨漏りのせいで破風板が腐って無くなっています。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷板金はステンレスの谷が入っていましたがコーキングが切れて、雨が漏っている状態でした。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷の長さは2.5ⅿでしたが、途中でつないでいたので、継ぎとから雨が漏っていました。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 下地点検 岡山

雨が漏り、野地板が白くなり腐りかけています。

雨漏り調査 雨漏り点検 大谷点検 岡山

谷板金の仕舞が悪いみたいです。

 

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

谷の近くの瓦が、激しくずれていました。釘止めしていないみたいです。

雨漏り調査 雨漏り点検 岡山

瓦を止めているコーキングが、切れていました

 

今雨が漏っているところを、止めて欲しいとという事なので、修理の見積もりをすることになりました

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

セメント瓦雨漏り点検 岡山市南区

本日は以前岡山市南区で、雨漏りの調査の依頼があった、セメント瓦の平屋で切妻の 建物の調査状況をお伝えします。まずはじめに、家の中の雨漏り状況を見せてもらい、そして屋根に登り雨漏りの原因を調査しまた。

 

IMG_5762

屋根はセメント瓦で少し大きめの平型の瓦でした

IMG_5781

屋根に登ってみると瓦が瓦の割れをコーキングしていました。

 

IMG_6189

瓦をめくると 下葺き材のルーフィングも破れてボロボロの状態でした。

IMG_6184

コーキングも劣化していました。一番の問題点は瓦の重なり部分は割れがそのままですから、雨が降るたびに水が入っている状態でした。

IMG_6185

割れ瓦の下の方のルーフィングは、もっと破れていました。

IMG_6186

下葺き材の下にある野地板も腐りかけている状態で、このままの状態にしておくとシロアリが来る可能性があるので、早く手入れをしないといけない状態です。

 

IMG_5751

天井もシミがついてる状態です。照明器具も漏電の心配があるので、外されていました。

IMG_6188

もう一枚の割れの瓦もめっくてみましたら、こちらもルーフィングに大穴が開いてる状態です。

 

 

IMG_6201

棟瓦も右にズレて崩れそうでした

DSCF9068

鬼瓦も傾き大きく口を開けている状態でした。

 

IMG_6214

苔もたくさん付いている状態でした。

IMG_6817

雨どいも破損している状態でした。

点検後、施主様とも相談し、修理の提案をさせていただくことになりました。雨漏りの応急処置としてコーキングもありと思いますが、そのままにしておくと、大変なことになることが、お分りいただけたと思います。大切な我が家ですからたまには屋根を眺められて、気になるところがあれば、なんでもお気軽にご相談していただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

屋根・瓦修理 瓦工事の報告 岡山市北区 

本日は先月工事が終わった瓦修理のお伝えをいたします。

瓦修理 雨漏り修理 岡山

平屋の切妻の築40年前後の釉薬瓦の青緑の瓦でした。。

雨漏りはしてないけど、手入れをしてないので心配だという事で、点検の依頼いただき調査をし、修理の提案をさせてただき工事の依頼をいただきました。

瓦修理 雨漏り修理 岡山

屋根には太陽熱温水器アンテナ2つが、乗っている状態でした。

このように屋根にアンテナ、ソーラーシステム、クーラーの室外機など、よく見かけますが心配の方は早めの点検をおすすめいたします。

 

工事前

CIMG0413

割れ瓦もあり唐草の瓦にもひびが入り、雨が入りやすい状態でした。

この瓦の割れ方は素人の方が屋根に上がるとよくある割れ方です。

アンテナとか太陽熱温水器を上げたり、取り換えされた後は気を付けられるとよろしいかと思います。

唐草の瓦のひびは、施工時にくぎ打ちするとき瓦を叩いてしまったのか、昔は鉄の釘を使っていたので錆びて釘が膨張して割れてしまったみたいです。

工事後

IMG_1752

予備瓦がありましたので割れ瓦を差し替えしました。

ひびの入った唐草の瓦は予備がなかったので、瓦置き場に置いてある古い瓦を使いました。

40年前の淡路瓦は製造中止になっている瓦が多いので、瓦撤去の時製造中止、今作ってない瓦は在庫するようにしています。

予備瓦がなくてお困りの方はお問い合わせください。セメント瓦、釉薬瓦、いぶし瓦、大体そろっています。

 

工事前

CIMG0371

一番下の万十と呼ばれる唐草の瓦が右にずれています。

軒の瓦とか袖部の瓦は動きやすいので注意が必要です。

めくってみると瓦を止めている線が切れていたり、釘がさびてボロボロになっていることもあります。

工事後

IMG_1748

瓦をもとに戻してずれないように、コーキングで留めています。

コーキングは劣化すると留めている瓦が、またずれる可能性があるので、定期的な点検が必要となってきます。

 

工事前

CIMG0392

棟の丸瓦も左にズレて雨が降るたびに棟の中に水が入っている状態だったので、修理が必要です。

工事後

IMG_1755

棟の丸瓦を施工時と同じ状態に修理しました。

しかしこの状態ですと丸を止めている銅線が緩んでいますので、強い風が吹いたり、弱い地震でも動く可能性がありますので、コーキング材で動かないように留めて行きます。

 

工事前

CIMG0391

のし瓦もずれています。このくらいのズレならまで修理が出来ますが、傷みがひどい場合は積み直し、棟を解体し組み立てになります。

棟の瓦が悪い場合は棟瓦のみの瓦修理、瓦葺き替え工事になります。

工事後

IMG_1756

このくらいのズレでしたら、瓦調整で直ります。しかし丸瓦と同じく動きやすいのでコーキングで瓦を留めていきます。

丸瓦と丸瓦を留め、丸瓦とのし瓦を留め、のし瓦とのし瓦を留めていきます。

 

工事前

CIMG0395

鬼瓦と丸瓦の間から、水が入らないようにセメントで留めているところが、半分取れています。

このままでは大事な建物が傷む可能性があります。

棟瓦のの下には、棟木という大切な材木があります。

下葺き材のルーフィングがしっかりしているといいのですが、40年前後立ちますと大体破れています。

そうすると雨が降るたびに大切な棟木が濡れて腐ってしまいます。

早めの手入れが大切です。

工事後

IMG_0483-e1487810900314-1024x870

鬼瓦と丸瓦をコーキング材で留めた後漆喰を塗ります。

よくセメントを塗っているのを見かけますが、セメントはブロックと同じですから、水を吸います。

ですから屋根には漆喰をお勧めします。

漆喰に油を混ぜると水をはじくので防水効果が上がります。

これでこの屋根は雨水が入らなくなり大切なお家を守っていくことと思います。

 

工事前

CIMG0374

割れ瓦をセメントで補修してあります。

おそらく左官さん修理されたのではないかと思われます。

この状態ですと確実に雨水が入っています。

下葺き材の黒い紙の防水紙ルーフィングがしっかりしている間はいいのですが、下葺き材が経年劣化で破けたりしますと雨漏りします。

また、瓦を留めるために打っている釘はルーフィングに穴をあけているわけですから、そこからも雨漏りする可能性があります。

そして、瓦を引っ掛ける桟木を留めるためにくぎを打ちますのでルーフィングに穴をあけますし、ルーフィングを留めるためにホッチキスの大きいやつで留めますのでその針の穴から雨が漏ることがあります。

工事後

IMG_0478

ですから割れた瓦は早めに差し替えをお勧めします。

よく割れた瓦をコーキングで留めているのを見ますがその瓦、雨が入っていますので早めの取り換えをおすすめいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

 

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

 

 

雨漏り修理 割れ瓦差し替え 岡山県赤磐市

本日はセメント瓦の割れ瓦、差し替えのお伝えをさせていただきます。瓦屋根の割れ瓦は、ほんとに簡単に修理できます。

雨漏り調査、雨漏り点検または気になるところがあればご相談ください。屋根に上がり点検します。そのとき予備瓦があれば、地瓦でしたら2・3枚ぐらいでしたら無料で取り換えさせていただきます。(簡単にできる所)

急勾配の屋根、カラーベストとか板金の屋根は無理ですよ。また、場所によっては簡単に取り替え出来ないところもありますのであしからず。

 

工事前

屋根工事 雨漏り修理 岡山

割れ瓦をコーキングどちらのお宅でも1枚や2枚はコーキングしている瓦を見ます。

10枚以上されているお宅もありました。

工事後

屋根工事 雨漏り修理 岡山

瓦をを替えることであまもりは防げます。瓦屋根の80パーセントの雨漏りは割れ瓦です。

あとは瓦のズレと谷板金の腐食、施工不良です。

風が強いと気の雨漏りは壁のひび割れ、サッシまわりの不具合がほとんどです。

 

工事前 割れ瓦

瓦修理 雨漏り修理 割れ瓦差し替え

割れ瓦をコーキングで留めていますが、コーキングが劣化してまた雨が漏りだします。

この瓦の場合ほとんどコーキングが切れています。

瓦と瓦の重なり部分にはコーキングしないのでその部分から雨が漏りだします。

 

工事中 

瓦修理 雨漏り修理 割れ瓦差し替え

瓦をめくってみましたがひびの入った部分の色が変わっていました。

他の部分に比べて劣化が進んでいるみたいです。

工事中

瓦修理 雨漏り修理 割れ瓦差し替え

予備の瓦がありましたので差し替えしました。

工事後 差し替え終了

瓦修理 雨漏り修理 完成

他の瓦も戻し完了です。

 

このように予備の瓦があれば簡単に雨漏り修理ができます。

コーキングで割れ瓦を留めている方は、早めの瓦差し替えを、お勧めします。

予備瓦のない方はご相談ください。

古い瓦をたくさん在庫しています。

雨漏りを防ぐことは大事なお家を長持ちさせることになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

岡山市北区で屋根工事|雨漏り修理。火災保険で直りますか?

岡山市北区で屋根工事、雨漏り修理の依頼がありました。台風5号の影響で雨が漏ったそうです。

築40年過ぎ切妻のセメント瓦平型の2階建てのお宅でした。

雨漏りは今回の台風が初めてだそうです。火災保険を使って雨漏り修理したいとのことでした。

地震のことを考えると軽い屋根材に将来的には変えたいといわれていました

 

 

岡山市北区 雨漏り修理 天井から雨水が

この写真は雨が漏っている時に、お客様が撮られたものです。

かなり雨が漏っているのがわかります。

 

岡山市北区 雨漏り修理 天井から雨水が 天井にシミが

私が訪問したときは天井に大きなシミが出来ていました。

 

岡山市北区 雨漏り修理 平瓦浮き・ズレ

台風5号の影響で瓦がズレています。

これが原因で雨漏りしたみたいです、

岡山市北区 雨漏り修理 防水紙に雨漏り跡

瓦をめくってみると、雨漏りの跡がはっきりついています。

 

岡山市北区 雨漏り修理 2階の瓦もずれています。

2階の屋根瓦も浮き上がっていました。

風の力は強いですね。

岡山市北区 雨漏り修理 防水紙かなり劣化が進んでいます

2階の瓦もめくってみました。

雨漏りの跡がはっきりと残っています

 

 

岡山市北区 雨漏り修理 防水紙かなり劣化が進んでいます

今の写真を拡大してみました。雨漏り跡がよくわかります。

岡山市北区 雨漏り修理 防水紙かなり劣化が進んでいます

違うところもめくって見ましたら雨水が下の方に流れてきていました。

 

岡山市北区 雨漏り修理 防水紙かなり劣化が進んでいます

防水紙の劣化している所もありました。

岡山市北区 雨漏り修理 ずれた瓦を直します。

台風でめくれたところは、瓦を戻しておきます

 

今回の雨漏りは、台風5号の影響で起きたものですから、原状回復の見積もりを火災保険会社に提出する予定です。

今回の雨漏り修理は0円で出来るはずです。

しかし防水紙の劣化が気になりますので、早い時期に屋根リフォームのお話しをさせて頂きました。

 

何かわからないことがあれば、屋根診断士である佐藤にご相談ください。0120-10-4949まで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

相談は無料です・点検も無料です。

見積りも、もちろん無料です

side-banner06

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 瓦修理、瓦差し替え

先日セメント瓦の雨漏れ点検をお伝えしましたが、瓦修理の依頼をいただきましたので、その内容をお伝えします

平屋の切妻のセメント瓦の建物でした。塗装をするか、葺き替えをする時期に来ていますが、今回は今雨が漏っているところを止める工事になりました。

工事前

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地補修

平屋の切妻、セメント瓦の建物です。

工事前 割れ瓦

屋根工事 雨漏り修理 セメント瓦

瓦が3枚割れていました。1枚の瓦にひびが入っていました。コーキングを施工していましたが、雨漏りしていました。

 

工事前 割れ瓦

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 割れ瓦

コーキング材が劣化し、雨漏りしていました。よく割れ瓦をコーキングしているのを見ますが、早めの差し替えをお勧めします。

工事中 防水紙

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地防水紙劣化

防水紙のルーフィングはボロボロです。

 

工事中 下地板

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地補修

下地板の腐っている所を電動丸ノコで撤去します。

工事中 下地板補修

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地補修

腐っている野地板を取り替えました。

 

工事中 下葺き材

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地防水紙 東和ルーフ

ボロボロのルーフィングを樹脂製の破れないルーフィングに張り替えました。

工事後 瓦差し替え

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 割れ瓦さす替え完了

同じ大きさの瓦がなかったので、近いサイズの瓦をカットして差し替えに使いました。ピッタリ収まっています。

 

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 防水紙劣化

ひびが入った瓦をめくったら、そのまわりの下葺き材も傷んでいたので、補修します。

工事中 野地板補修

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地野地板補修

2箇所悪いところがあったので、補修しました。

工事中 ルーフィング施工

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 下地防水紙東和ルーフ

樹脂製の破れないルーフィングを使っています。

 

工事後

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 完了

瓦を戻し完成です。

 

工事前

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 鬼瓦ズレ

鬼瓦がズレて口を開けています。

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦の下に鳥の巣

鳥が巣を作っていました。

 

 

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦補修

鬼瓦を留めている針金が切れていたので、銅線に取り換えました。

工事後

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦補修

棟瓦を戻して完成です。

 

工事前

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦ズレ

台風の影響で棟瓦がずれているみたいです

セメント瓦の本棟は土が入っていないので、よくずれます。

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

棟瓦を外してみました。中には土が入っていません。

 

 

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

定規を当てて通りを直します。

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

最近では、棟に土を使わず南蛮漆喰とかシルガードというものを使います。

 

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

曲がっていたのは先の方でしたが多めに瓦をめくり、棟瓦が動かないように南蛮漆喰を入れました。

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

棟瓦を戻していきます。

 

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

瓦が動かないよう定規を当てながら棟瓦を戻していきます。

工事後

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 棟瓦修理

反対側も定規を当てて通りの確認です。完成です。

曲がっていて棟もまっすぐ

 

工事前

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

壊れていた雨どいも修理です。

工事中

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

新しい雨どいを使います。

このように瓦屋根は部分補修が出来ますので、雨漏れ修理が安く確実にできます

雨漏りがするとか、天井にシミが出来たとか、瓦がズレているとか気になるところがあれば何でもご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

岡山市中区で屋根工事|雨漏り修理|ケラバ部分の割れ瓦差し替え工事

工事前 右のケラバ部分割れ瓦

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦破損

岡山市中区で解体業者から、お隣の屋根瓦の袖瓦を壊したので修理してほしいと依頼がありましたので現場調査に行きました。

工事前 端の瓦が割れ

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦破損

屋根に上がってみると、右のケラバ部分の瓦が割れていました。瓦は日本瓦の和型です。瓦は30年~40年経っているかんじでした。

 

工事前 袖の瓦が2枚割れ

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦破損

下側の2枚の瓦も完全に割れています。

工事前 大ケラバが2枚割れ

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦破損

このままでは雨が入るのですぐに、直してほしいとのことでしたので、瓦を瓦置き場に捜しに行きました。

 

工事中 瓦差し替え

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦コーキング止め

上の瓦の差し替えです。同じ日本瓦なのですが、年数が違うのでかなり色が違いますが一番大切な瓦の働きが同じだったので、きれいに収まっています。

工事後 端の瓦差し替えコーキング

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦コーキング止め

下の2枚の瓦も差し替えし、こちらもスッキリ収まっています。修理する場合よくサイズの違う瓦をつかっいるのを見ますが、サイズが違うと雨漏りの原因になりますので気を付けたいものです。

 

工事後 瓦差し替え

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦コーキング止め

瓦もかなりズレていましたが、瓦調整し雨水の入る心配もなくなりました。

 

工事後 完成

岡山市中区 屋根工事 雨漏り修理 ケラバ瓦コーキング止め

電話頂いたその日のうちに、修理が出来たので大変喜んでんいただきました。地域密着に取り組んでいますので、素早い対応が出来ました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

相談は無料です・点検も無料です。

見積りも、もちろん無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理、雨どい補修|上合詰まり 

本日は昨年夏ごろ、樋から水があふれるから見てほしいと依頼があり、屋根に上がって点検をしたことをお伝えいたします。

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

築45年前後の2階建ての切妻のセメント瓦のお宅でした

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

軒樋にはごみないもようです。

勾配も問題ないみたいです。それで漏るという事は、上合のつまりの可能性があります。

 

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修 上合に鳥の巣

上合の中に鳥が巣を作っていました。

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

瓦をめくると瓦の下にも鳥の巣がありました

 

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

上合の中の鳥の巣を掃除をして水が流れるようにしました。

岡山市南区で屋根工事 雨漏り修理 雨どい補修

瓦の下の鳥の巣も撤去して瓦を戻して終了です。

最近の屋根瓦は鳥とか入らないように返しが付いていますので鳥が巣を作れません。

しかし、前の瓦は返しがついてないのでよく鳥が巣をします。

鳥が巣はなぜか端の方に作りますので屋根の端を見ているとわかります。

樋の上合が雨漏りされてるお宅は、鳥の巣か、木の葉っぱなどが詰まっている可能性があります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません

岡山県津山市で屋根工事 雨漏り修理 谷板金取り替え 

本日は昨年10月ごろ雨漏りするので谷板金を取り替えてほしいと依頼があり銅板の谷をガルバリウム鋼板の谷に替えた工事をお伝えします。

工事前 2Fの谷部

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 谷板金

築40年前後の2階建て、寄棟で釉薬瓦のおたくでした。雨漏りしている状態でした。

工事中

銅板の谷ですが、至る所に穴が開き雨漏りしていました。

40年善後の銅の谷樋は酸性雨の影響で、穴が開きます。

 

工事中 谷に穴

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 谷板金に穴

左上の穴はシリコンで留めていますが右下は穴があいてます。

水が流れる所は銅板が薄くなり穴が開きます。

工事中 谷交換

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板谷板金

ガルバリウム鋼板の谷樋に取り換えです。

10年前に葺き替えされてますが、その時、谷板金取り替えされていれば余分な費用がかかりませんでした。

 

工事中 谷交換

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板谷板金

谷を替えるときは瓦もうがしますし、棟瓦も解体組み立てしないといけないので、屋根リフォームされるときは谷板金は大丈夫かと確認された方がよろしいかと思われます。

工事後

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 谷板金完成

瓦を戻し完了です。これで雨漏りは止まります。

ガルバリウム鋼板の谷樋ですから、耐候性に優れています。

 

工事中 漆喰工事

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 鬼首漆喰

鬼まわりの漆喰が傷んでいたので早めの漆喰補修です。

 

工事後 漆喰工事

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 鬼首漆喰

鬼まわりの漆喰が欠落すると雨漏りの原因にもなりますので、早めの手入れが大切です。

 

工事後 瓦補修

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 地瓦ズレ止め

瓦のズレを気にされていましたので、瓦と瓦をコーキングで留めました。

地震とか台風の影響で瓦が動くのを防いでくれる効果が期待できます。

工事後 完成です

岡山県津山市 屋根工事 雨漏り修理 地瓦ズレ止め完了

谷の雨漏りも止まり、漆喰工事も終わりきれいになりました。

早め早めの手入れが大切なお家を長持ちさせるポイントです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

何か屋根や瓦のことでわからないこととか、

気になるところがあれば何でも

お気軽にご相談ください。

初めての屋根工事で後悔したくないという方は、是非比較検討してみてください。

お見積もりは無料です

side-banner06

しつこい営業は一切行いません